今の自分を変えたくありませんか?
強いぶれない自分に・・・

http://mizuki-9.com
体はいつも同じではない!

体ってほんとに、同じでなくて

 

変化している、良くも悪くも・・・。

 

身体はもちろんのこと、心も同じように・・・。

 

気にしてあげないと気づかない。

 

ほぼ、皆さん無頓着に過ごしていると思います。

 

日々の自分の変化を気づこうとするのはとても大事です。

 

そのためには、良い状態悪い状態をしっかり知っていること。

 

早目の気づきは、すぐに戻せます。

 

心も同じで傷ついても、すぐになら傷は浅いので戻せます。

 

見てみぬふりは傷を深くしますね。

 

だから、自分の心に嘘をつかないこと。

 

心身カウンセラー美月。


美月。 | comments(0)
本を読まれた方から、たくさんの感想を頂きました。ありがとうございます。

卒業生や生徒、他の皆様から、嬉しい感想を頂いて、改めて本を書いた意味を感じています。

 


「本はすごく良かったです。毎日持ち歩いて、読んでいます。」

「自分を信じて、また歩いていきます。」

「先生の卒業生だから大丈夫って、本を読んで改めて思いました」

「頭から離れてしまうことがたくさん書かれてるので、よいバイブルになると感じました。」
「とても、身近なことにフォーカスしていて、誰もが使えますね。」
「前書きのところだけでも、大変な心痛だったと驚いてます。」
「先生こそ、まさに幼いときから、修行の場にいらっしゃったと。」
「そして、それを修行として、受け入れていたということに驚きです。」
「経験の差を感じます。」・・・感想の一部です。





 
生まれてきた意味  

生かされている意味

起きるすべての出来事の意味

今、こうしている意味

本を書くことになった意味

全てお導きだと思います。

過ぎてしまえばなんてことないのです。

この経験が、これから出会う人を幸せにするために、必要なことだと知っているからです。

人から必要とされていることが、心を満たし

その満たされたものが愛に変わり

見るものすべてへ、感謝と愛が溢れゆくのです。

生きていて一番幸せなことです。

人は、人に必要とされなければ生きてゆけません。

必要とされればされるほどに、自分の中のエネルギーが大きくなります。

エネルギーが大きくなれば、またそのエネルギーを周りに与えられるのです。

本を出版できたことを、心より感謝しております。


心身カウンセラー美月。

美月。 | comments(0)
人間が一番学ばなければならないことは・・・「赦す」

人の苦しみとは何でしょうか?

 

「赦せない」ことが始まりではないかと思います。

 

自分を赦せない!

 

相手を赦せない!

 

出来事を赦せない!

 

赦すとは・・・ありのままを受け止めること

 

赦せないとは、受け入れられないこと

 

赦せないから、いつまでも自分の中に苦しみが消えない

 

どんなに苦しんだって、絶対に相手を変えることも、過去の出来事を変えることはできない!

 

変えられるのは自分だけ!

 

赦せないから苦しみが続くのであれば、赦せばいい!

 

人間は、過ちを犯す生き物です。

だから神様でないのです。

人間は、様々な過ちを犯しながら過ちに気付き

人の過ちから、してはいけないことだと学びます。

 

つまり、人の過ちから学ぶのか!自分の過ちから学ぶのか!

両方です!

 

私たち人間が学ぶべきものは、「赦す」ということです。

「赦す」というのは、とても難しいことですが、

人は変われます!変わります!

 

昔からよく言いますよね「罪を憎んで人を憎まず」

人は回心できますから、そういわれてきたのです

 

回心とは・・・心をくるりと変えることが出来るという意味です。

 

私たちも、周りから赦されて生きています。

私たちも、相手を赦してゆかなければならないのです。

 

相手を赦すことで、自分をも赦すことが出来るのです!

 

心身カウンセラー美月。

 

 


美月。 | comments(0)
人間には、ある程度の負荷が必要?

ストレス・・・

 

一般的にストレスは、悪いと捉えがちですが、

 

ある程度のストレスは、良いそうです。

 

強い刺激は心身に良くありませんが、

 

適度な刺激は、いわばプラスのスイッチを入れるようなものですから必要です。

 

温室育ちの花は、外では育ちません。

 

しかし、土手などの激しい環境の元育った花は、強いです。

 

人間も言えると思います。

 

傷つかないように、なるべく自分に負荷をかけないように生きている人と

 

何事も経験だと、負荷をかけながら生きている人とでは、

 

未来の自分に大きな差が出るでしょう。

 

身体も心も守りすぎれば弱くなります。

 

ある程度の負荷をかけることにより、心身は鍛えられます。

 

負荷(ストレス)をかけることによって・・・眠っている能力の開花に繋がります。

 

自分を過保護にしないようにしましょう!

 

心身カウンセラー美月。

 

 

 

 


美月。 | comments(0)
おみくじ

神社へ行くと必ずおみくじを引きます。

 

おみくじは自分へのメッセージです。

 

そこに書かれている言葉は、正に今自分の判断に必要なもの

 

忘れないためにも、お財布などに入れて

 

ふとした時に読み返し、また気持ち新たにします。

 

そして、その問題が一つクリアできれば、神社へ持ってゆき

お焚きあげしてもらいます。

 

昨日引いた、私のおみくじです。

 

「誠」

「どんな人生になるかは、誰にもわからない

どんな人生にするかはあなただけが分かる」

 

納得のメッセージでした。

そして、そのおみくじの中に開運招福お守りが入っています。

(熊手・小判・大黒・恵比寿・招き猫・小槌・変える・銭亀・達磨)

開ける前に、「かえる」だとわかりました。

その通りに「かえる」でした。

「かえる」の意味は、無事帰る。元に変える。お金が帰る。

 

「どんな人生にするかはあなただけがわかる」・・・

その通りです。

 

私たちは、自分自身に指令を送りその通りに行動しています。

思ったこと、考えたこと・・・このすべての思考が指令となり体中に伝わっているのです。

 

良いことも悪いことも・・・自分の思考が、脳にそのまま伝わりそのようになるのです。

つまり、想いは叶うということです。

 

願いを叶えることは、何も特別な能力ではありません。

誰にでもできます。

 

想えばよいだけです。

良いことも悪いことも、思った通りになった経験がある人は、すでに叶っているわけです。

この時に何故叶うか・・・想いが強い。そうなると信じている。

この二つが願いを叶えるのです。

 

今、本気で叶えたい願いがあるのでしたら、

本気で叶うと思い、強く信じて下さい。

必ず叶います!

 

もし、叶わないとしたら、想いがまだまだ弱いのです。

 

心身カウンセラー美月。

 

 

 


美月。 | comments(0)
なれない雪道を歩きながら・・・

この数日の寒波で、私に地域では珍しい量の雪が降り積もりました。

 

さすがに車も出せず・・・

 

歩くしかない・・・

 

歩道は雪深く、誰かの足跡の上に足を進めるが、

 

滑りそうになりなる。しっかりと集中しないとだめだ!

 

雪が少なく真っ直ぐな道になったころ、私はあれやこれやと今抱えてる問題を考えだす。

 

気が付くと考えている。

 

そんな時、ある女性のことが頭に浮かんだ。

 

幼い子供を抱えた若いお母さんは、癌の宣告を受けた。

 

癌になったことや、未来への不安など、様々な葛藤を乗り越えて、

 

「今、生きている。今、この瞬間を感謝して一生懸命生きよう」

 

そうやって、最期まで明るく穏やかに生きた。

 

生きたかっただろう、どんなに辛くても!

 

 

 

苦しみや悲しを抱え悩むことも、幸せなことなのかもしれない!

 

こうして雪道を踏ん張って歩いている

 

息が苦しい、汗も流れる。

 

うん。生きているからだ!

 

この身体に感謝しよう。

 

頑張っている自分に感謝しよう。

 

悩むということが、どんなに贅沢なことなのか・・・。

 

生きているこの瞬間に感謝しよう!

 

 

 

 

 

 

 


美月。 | comments(0)
諸行無常

本日、ワーク中で頂いたメッセージ

 

「諸行無常」というお言葉です。

 

故事ことわざ辞典には

 

「諸行無常とは、この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、

永久不変なものなどないということ。」と書かれております。

 

 

つまり、私たちこの世に存在するものすべてが、一秒一秒変化し続けている。

 

一瞬たりとも同じではない。

 

そして、その時間も永遠に与えられているわけではない。

 

この瞬間、瞬間を精一杯生きるということなのではないでしょうか?

 

そして、一秒前の自分より、一秒後の自分の方が成長しているはずです絶対に!

 

 

 

 


美月。 | comments(0)
娘に言われた言葉・・・。

お母さんは、必ず厳しい道を選ぶよね!

 

ズバリそのように見えるかもしれません。

 

意識しているわけではありませんが、

 

振り返れば、人から見て厳しい方を歩んできたように思います。

 

決めたら、そこを真っ直ぐ進んできた

 

全てそれで良かったと言えます。

 

先日書かせていただいた、二つのトンネルの話のように、

 

一見、厳しい道、ゆるい道だと入口で判断しても、それはどっちがどうなのか、同じなのかもしれません。

 

結果は自分が、選んだ道で良かったと自信を持って言えるかどうかではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 


美月。 | comments(0)
人生の岐路!

今ある苦しみから逃れられる道を選びたい?

 

人生の岐路

目の前にトンネルの入り口が二つある。

どちらかを選ばなければならない

どっちが幸せになる方なんだろ?

 

少し上からトンネルを眺めてみた

二つのトンネルは真っ直ぐそれぞれに伸びてるが、

途中で左のトンネルは右へと緩やかに曲がっている

右のトンネルも少し先で左の方へと小さく曲がって、

その先で二つのトンネルは交差していた!

 

その先を見てみる、たどり着いた場所は一つだった!

今の苦しみが楽な方は?そんな思いで片方を選んで進んでいっても、

結果自分がたどり着くところは同じ。

 

どちらを選んだとしても苦しみや悲しみはある。

楽な道などないのだ!

 

だったらそのままを進もう!

 

幸せになるかどうかは、どの道を選んだからではなく、

苦しみや悲しみを、どう受け取るか、骨折した場所は強くなるといいますが、

どれだけ強くなれるかに尽きる。

 

そのことを教えられた!

 

本日、自分自身で行うワークの中で、見せていただいたのが二つのトンネルでした。

 

どうでしょうか?

皆様も、どの道を選ぼうかと迷うときがあると思います。

どちらかの道を選ぶ選択ではなく、これまで生きてきた自分をこれからも信じ切れるかどうかが大事です。

 

自分は自分を幸せにするために生きています。

その自分さえ信じていれば、間違いなく幸せという場所へとたどり着きます。

信じること!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


美月。 | comments(0)
人の欠点に気付ける・・・とは?

人の欠点に気付ける…とは?

 

何気なく人を見ている時や、

友達や職場の人を観察した時など、

一番先に気付くのは、欠点ではないでしょうか?

 

この欠点に気付けるというのは、自分の中にも同じものがあるからです。

 

同じ言葉を言われて、「意地悪な人だなと感じる人。そんな風に感じない人」がいます。

意地悪だと受け取った人は、自分の中に同じ経験を持っている人です。

 

知っているから気付けるのです。

 

出会いにも出来事にも、全て意味があるといいます。

その意味とは、自分が幸せになるためのメッセージなのです。

 

相手の欠点に気付けたのは、自分の中にもある欠点に気付かせるためです。

「私もそういうところがあるな、気を付けよう」このように捉えるだけで、

自分の中には欠点が一つ消えるのです。

 

その一つ一つを相手から気づかせてもらい、幸せな自分になってゆくのです。

欠点に気づくことが悪いことではありません。

気づけることが、幸せへ近づくためのメッセージなのです。

よりもっともっと幸せになれますよ!

 

心身カウンセラー美月。

 

 

 


美月。 | comments(0)
1/14 >>



CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea