今の自分を変えたくありませんか?
強いぶれない自分に・・・

http://mizuki-9.com
心を整え、穏やかになる・・・
心を整え、穏やかになる・・・

幼いころ田舎で祖父母と暮らしていた私は、愛情たっぷり、
しつけは厳しく育てられました。

祖父に教えられたのは、玄関の掃除です。

玄関は、お客さんが最初に見る場所。

靴が散乱してたり、汚れていてはみっともない。

玄関を見たら、その家がわかるという。

散らかっている玄関は、その家の中も散らかっている。

家人もだらしないと思われる。

だからいつもきれいにしておくのだ!

子供でも、家のお手伝いはするというのがしつけでしたから、(当時私は3,4歳でした)

その日から私が毎朝玄関の掃除をすることになりました。

いつものように掃除をしていたとき、私は敷居に乗ってしまったのです。

そしたら、祖父の大きな声が「敷居に乗るものではない!敷居は当主の頭や、爺ちゃんの頭を踏むんか!」
そういわれたのです。
すぐさま飛び降りました!
それからは、家の中でも敷居や畳のヘリは踏まないように気を付けました。

祖母からは、トイレ掃除を教えてもらいました。

トイレ掃除のときには、いつもそばで見ながら、いろいろな話を聞きました。
「トイレには神様がおるで、いつでもきれいにせなあかんで!」

便器掃除の仕方や床の拭き方など、教えてもらいながら「女の子はトイレをきれいに掃除すると、べっぴんさんになるで!
将来子供が生まれたらかわいい子が生まれるんやで!」とか・・・
私は素直に「ふーん、わかった!」

それからは、トイレするときは汚さないように気を付け、汚した場合は掃除をして出るようになりました。

大人なった今もそのことは忘れていません。
どんなに早朝の仕事の時にも、トイレと玄関の掃除をして出かけています。

トイレ掃除をしていると、感謝の気持ちが湧いてくるんです。
トイレがなかったら、ほんと困ります。
他のものがなくても、我慢できるけど。トイレがなかったら・・・
トイレは有難い、心からそう思えて感謝の気持になります。

玄関の掃除は、自分が舐めれるくらいきれいに拭きます。
風水では玄関から福が入ってくると言われていますが、
お客様がお見えになる場所です。
やはり気持ちよい空間でお迎えしたいという思いと、
家族が今日も元気で過ごせますようにという思いや、
また、隅々まで拭いていると、家に対しての感謝が湧いてきます。
こうして、家を授かって有難い。
家族が元気でいることが有難い。
自分がこうして、今こういう瞬間が与えられ、幸せを感じ、感謝出来ることが有難い。
たくさんの感謝がこみ上げてきます。

辛いことがあっても、嫌なことがあっても、掃除をしていると、そういうことすべてが消えてしまい、
いくつもの感謝に気付けます。

掃除はただきれいにするだけが目的ではなく。
自分自身の心を整え、穏やかにするものであると思います。
そして多くの感謝に気付かせてくれるのもです。

私はこれからも生きていられる間は、掃除をしてゆきたいです。

皆さんにも、そのような体験をしていただきたくて家族や職場、そして生徒やクライアンの皆様にも伝えております。

夫は社長という役職をしております。夫も会社のトイレ掃除を始めました。
ただ黙って、掃除をしている姿に、社員たちは始め何だろうという感じで様子を見ていましたが、
最近では、何か見えないものが伝わったようで、それぞれが変わり始めております。

社長がトイレ掃除をする。
私は当たり前のことだと考えております。

会社というものは社長がどれだけ素晴らしくても、一人で仕事はできません。
社員が働いてくれてこそ出来るのです。

トイレを掃除していると、自分の会社で働いてくれている社員一人ひとりへの感謝が湧いてきます。
トイレ掃除をしていると、大切なものが見えてくるのです。
大きな愛情と思いやりの心に包まれて、心が整い、穏やかになる。

禅僧の修行も掃除をとても大事にされています。
掃除をしてきれいにするというのは、心をきれいにするということだとわかりました。

掃除は本当にすばらしいです。

心身カウンセラー美月。

美月。 | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea